家具通販の情報を中心に、インテリア記事や画像も掲載しています。また管理人の家具購入時の体験記やサイトランキングもあります。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/12(日)13:02
自分がくつろぐ部屋だから自分の好きなものに囲まれていたい。
そう考えるのはごく自然なこと。
でも、気に入った家具や小物を買い集めたはずなのに部屋が雑然として、なんだかまとまりがない。
こんな経験をした人もいるでしょう。
家具通販情報ブログ0025
これはインテリアコーディネートビギナーにありがちな失敗例です。
例えばぴんくのシャツを着たときは口紅ピンク系にしたり、靴とバックをブラウンでそろえたり。
メイクやファッションを考えるとき、だれでもこうしたカラーコーディネートを自然に行なっているはずです。
インテリアも基本は同じです。
まずは色の系統やトーンを上手に組み合わせることを第一のポイントに考えると、うまくいきます。
いろをたくさん使いすぎないことが 統一感 が成功するインテリアの第一歩なのです。
スポンサーサイト
2012/02/12(日)12:45
人間の目は大きく描かれたものを手前に感じ、小さく描かれたものを遠くにかんじます。
絵画でよく用いられる遠近法という手法ですが、これは十分インテリアにも応用できます。
へやの入口など、室内全体を見渡せる場所を基点に奥へ行くにしたがって家具を小さくしていきます。
家具通販情報ブログ0023

例えば一番手前に背の高いキャビネットを置き、続いてそれより低いシェルフ、テレビボードを配置し、おくの小ぶりなソファへとつなげるなどといった手法です。
そのような大掛かりなかぐの移動をしない場合もインテリア小物や雑貨などの小さなアイテムは奥にまとめて置くほうが遠近感を出すことができます。
2012/02/12(日)11:24
日本でもインテリアに関心を持つ人が増えて、スタイリッシュさを追求するようになると同時に重視されてきたのが くつろげる部屋 づくりです。
家具通販情報ブログ0008
仕事や遊びなど外で活動的に過ごす分、自分の部屋ではリラックスできるスペースをうまく確保したいと多くの人が感じるようになっています。
くつろぐ部屋として、まず第一に考えるのがテレビやソファが置かれているリビングルーです。
家具の選択や快適なレイアウトなどはくつろげる部屋づくりには大切です。
2012/02/12(日)11:12
掃除はしているのになぜ片付かないのだろう と嘆く人は結構いるものです。
テレビでやっていたとおりにしても、うまくいかないのはなぜ? という声もよく聞きます。
でも嘆く必要はありません。
収納はその人の収納力に応じて考えれば良いのです。
家具通販情報ブログ0024
背の高い人や低い人がいるように、収納力の高い人と低い人がいるのです。
それは個性で恥じることではありません。
要は収納が苦手だと嘆く前にまず、どのくらいの分量のものを日々管理できるのかを冷静に知ることが大切です。
たとえ収納が得意という人でも、自分の管理能力を超える量のものを持てば、部屋はたちまちものであふれてしまうことになります。
2012/02/12(日)01:42
玄関にはたくさんの人が訪れますよね、
誘い合わせてくる人はもちろんのこと、近所の人とのちょっとしたやりとり、郵便や宅配物のうけとりなど、部屋にあがらないまでも玄関で立ち話をするということもあるでしょう。
そうしたときに、気配りの行き届いた玄関とそうでない玄関とではその家の印象が違ってきます。
この気配りとは、家族をあたたかくむかえたり、気持ちよく出かけたり、さらに人がやってくることを意識しているかどうかで表れてきます。
AS008_L.jpg
絵画や鏡、物置などのインテリア小物だけでも玄関の雰囲気は変わります。
またスペースがある玄関では、小物や花を置くコンソールテーブルを置くこともできます。
狭い玄関ではシューズボックスの上を飾り棚風に使うのもいいでしょう。スツールやベンチを置けばブーツや紐靴を履くのも便利です。
玄関の演出を工夫しているうちにインテリアの楽しさがわかってくることと思います。
家具通販サイト一覧
検索フォーム

カテゴリ
リンク
メールフォーム

管理人へ連絡したい方はこちらのメールフォームへ

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 | 家具通販ふれあいブログTOPへ |  Next
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。